2021.1.14 05:02

石原プロ58年の秘蔵写真大公開 16日解散前に…波瀾万丈の「社史」14日発売

石原プロ58年の秘蔵写真大公開 16日解散前に…波瀾万丈の「社史」14日発売

米ハワイでヨットに乗る裕次郎さん(左)と渡さん。なつかしい思い出だ=1981年

米ハワイでヨットに乗る裕次郎さん(左)と渡さん。なつかしい思い出だ=1981年【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 16日に解散する老舗芸能事務所、石原プロモーションの58年の歴史を記録した「石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史」(青志社、税抜き3800円)がきょう14日に発売される。

 同社は大スター、石原裕次郎さん(享年52)が1963年に映画製作会社として設立し、映画「黒部の太陽」やドラマ「西部警察」などを製作。58年の社史には、国民の心をつかみ、昭和の芸能界を牽引した偉大な記録を収録。2013年に出版した「50周年非売品社史」を基に、解散までの8年を追加した。

 424ページに及ぶ社史は、黎明、混迷、再興期など7つに分けて紹介。900点の秘蔵写真や貴重な手紙、裕次郎さんや昨年8月に死去した渡哲也さん(享年78)の壮絶な病魔との闘いも記されている。さらに巻頭には渡さんが「50周年史」に寄せた10ページに及ぶ謝辞を掲載。自身が社長時代に起きた撮影事故など波乱に富んだ同社の歴史も振り返っている。

 監修を務めた裕次郎さんの妻で同社会長、石原まき子さん(87)は新書で「裕さんの命を受け継ぎ、この33年を生きてきました。裕さんのこの世での寿命は尽きようとも、私のなかに生き続けています。悲しみは乗り越えるものではなく、受け入れるものであると、いまは心平静に自分を見つめることができます」と看板を降ろす胸中をしたためている。

 また、事務所解散後に独立する石原軍団の俳優、舘ひろし(70)と神田正輝(70)も謝辞を掲載。舘は「仕事場では俳優もスタッフもみんなで夢中になれる…家族以上の家族」と愛着をにじませ、神田も「石原裕次郎さんから教わったたくさんのことは、これからも私の教科書」などと感謝している。

 石原プロモーション裕次郎さんが1963年に設立した芸能事務所兼制作プロダクション。63~73年にかけて「太平洋ひとりぼっち」「黒部の太陽」「栄光への5000キロ」など裕次郎さんの主演映画を中心に多数の名画を手掛けた。渡さんが主演した「大都会」や「西部警察」の人気刑事ドラマシリーズも制作。また、阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震の被災地で炊き出しなど奉仕活動も行ってきた。