2021.1.13 12:42

古市氏「まさか『とくダネ!』よりコロナが続くとは…」

古市氏「まさか『とくダネ!』よりコロナが続くとは…」

古市憲寿氏

古市憲寿氏【拡大】

 社会学者の古市憲寿氏(35)が13日、フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)に出演。新型コロナウイルスの話題で番組終了に絡めてコメントする場面があった。

 本紙既報通り同番組は3月26日をもって放送終了するが、この日の番組では冒頭から新型コロナウイルス感染拡大について特集。古市氏はコロナの収束する時期について「去年は去年中に終わるかなって期待もあったけど、それはもうなくなっちゃって。この春。もしかしたらこれが数年続くかもって予想もあるわけですよね」と説明。人々のコロナウイルスに対する意識に触れ、「本当に1カ月って分かっていたら、もっと危機感を持てるんだろうけど、どう考えても1カ月じゃ終わらないじゃないですか」と分析した。続けて「まさか『とくダネ!』よりコロナが続くとは僕、思わなかったですよ」と番組終了に絡めてコメントすると、MCの小倉智昭(73)は「ふふふふ」と笑いで応じた。

 番組終盤では小倉が「『とくダネ!』が足かけ22年、3月いっぱいで終了することになりました」と生報告。「次の世代の人にね、ここのキャスターのポジション譲って、新たなる番組がスタートしてもらうと良いのかなと思っている」と“勇退”の心境を語るとともに、「ただ残りありますから。騒ぎます!」と締めくくった。