2021.1.13 05:02(1/2ページ)

「とくダネ!」3月26日で幕 勇退の小倉智昭「22年間は貴重な財産」

「とくダネ!」3月26日で幕 勇退の小倉智昭「22年間は貴重な財産」

22年間“小倉節”で世相を斬ってきた小倉(中央)。番組終了まで立本信吾アナ(右)、山崎夕貴アナと全力で駆け抜ける!

22年間“小倉節”で世相を斬ってきた小倉(中央)。番組終了まで立本信吾アナ(右)、山崎夕貴アナと全力で駆け抜ける!【拡大】

 キャスター、小倉智昭(73)がMCを務めるフジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)が、3月26日をもって放送終了することが12日、分かった。歯に衣(きぬ)着せぬコメントで世相を斬ってきた小倉は「『とくダネ!』の22年間は貴重な財産となりました」と感謝。関係者によると、“勇退”後は同局の東京五輪スペシャルキャスターに。後番組は、出演者を一新した生活情報番組に生まれ変わるという。

 小倉が“朝の顔”として日本に元気を与え続けてきた長寿番組が、約22年の歴史に幕を下ろす。

 フジ系「とくダネ!」は1999年4月1日に放送開始。2016年7月28日には放送4452回を迎え、「同一司会者による全国ネットのニュース情報番組」での放送回数最多記録を更新。今月12日現在で放送回数は5593回を数え、記録を更新し続けている。

 小倉が独自の視点で社会情勢やスポーツ、芸能など幅広いジャンルの真相に迫り、同11日までの番組平均世帯視聴率は8・0%。11年7月18日放送回はサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」がW杯で初優勝した快挙を報じ、歴代最高の16・4%を獲得した(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。

【続きを読む】