2021.1.11 07:30(1/3ページ)

【私を支えた言葉】山梨県・日川高5人の座談会「できること」を探しあった1年「悲劇の世代なんて思っていない」

【私を支えた言葉】

山梨県・日川高5人の座談会「できること」を探しあった1年「悲劇の世代なんて思っていない」

間近に迫った共通テストへの思いなどを語った日川高3年生の5人。左から、小宮山さん、真島さん、雨宮さん、佐藤さん、渡辺さん

間近に迫った共通テストへの思いなどを語った日川高3年生の5人。左から、小宮山さん、真島さん、雨宮さん、佐藤さん、渡辺さん【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 大学入試センター試験の後継として16日から初めて実施される「大学入学共通テスト」まで、あと5日。入試改革の混乱とコロナ禍に翻弄され“悲劇の世代”と呼ばれる高校3年生が、それぞれの思いを胸に大一番に挑む。そこで、昨年1200枚の手作りマスクを地元に寄付して話題になった山梨県の進学校、県立日川高の3年生5人に取材協力を依頼。“緊急座談会”を開き、コロナ禍での入試、現在、未来への思いを聞いた。 (取材・構成、丸山汎)

 コロナ禍の中で迎えた入試シーズン。

 小宮山文登(あやと)さん(17) 「とにかくいまは絶対感染できない。皆ピリピリしています」

 初の大学入学共通テストは、二転三転した。

 佐藤あゆみさん(18) 「英語の民間試験導入が見送られたり、振り回されちゃった」

 渡辺和(のどか)さん(18) 「過去の問題が参考にならない教科もあるし…」

 小宮山さん 「不安は大きいよね。コロナもあるし入試が変わるといわれたから、今年は僕らも含め推薦組も多かった」

 佐藤さん 「入試以外にも、学園祭や部活の大会、コンクールの中止など、すごく悔しい思いをして、泣きました」

 雨宮充輝(みつき)さん(18) 「でも、『コロナだからできること、高校生だからできること』を話し合ったね」

 真島妃茉李(ひまり)さん(18) 「徐々に切り替えられたのは、コロナで身につけられた力だと思う」

【続きを読む】