2021.1.9 04:00(1/2ページ)

舘ひろし&神田正輝、別れの肘タッチ 石原プロ最後の“仕事始め”

舘ひろし&神田正輝、別れの肘タッチ 石原プロ最後の“仕事始め”

人生の半分以上をともに過ごした舘(右)と神田(左)。肘タッチで再会を約束した=東京・調布

人生の半分以上をともに過ごした舘(右)と神田(左)。肘タッチで再会を約束した=東京・調布【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 16日に解散する老舗芸能事務所、石原プロモーションが8日、最後となる新年の事務所開きを行い、所属俳優の舘ひろし(70)と神田正輝(70)が出席した。大スター、石原裕次郎さん(享年52)が1963年に設立した同事務所が58年にわたり恒例行事として大切にしてきた“仕事始め”。独立する2人は社内で最後の対面を果たし、別れの肘タッチ。解散後初めてコメントした神田は「居心地がよかったね」と笑顔。舘も「石原プロは俺の中に残っている」と魂の継承を誓った。

 大安で末広がりの8日、東京・調布に構える石原プロで最後の新年事務所開きが行われた。

 創業者の裕次郎さんと昨年8月に死去した2代目社長、渡哲也さん(享年78)の写真の前で、“儀式”に臨む社員たちのかしわでが響き渡る。

 新型コロナウイルスによる2度目の緊急事態宣言初日となったこの日、限られた出席者の中に舘と神田の姿があった。

 石原軍団のツートップは、久しぶりに顔を合わせたスタッフや新年のあいさつに訪れた関係者と談笑。ファンからの年賀状に目を通すなど人生の半分を預けた同社での最後の時間を過ごした。

 昨年7月に発表された同社の解散と自身の独立報道後、神田は初めて胸中を告白。裕次郎さんに誘われ、1973年に入社以来、48年同社一筋だっただけに「契約書もないんじゃないかな」と深い信頼関係をアピールした。

 昨年2月から続くコロナ禍で、97年から出演しているテレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」(土曜前8・0)の生放送以外は外出を控えていたといい、「48年間、仕事は空いたことがなくて本当にラッキーだった。石原プロに集まった人はハッピーだったと思う。会社がなくなるときに分かるよね、どんなものだったか。面白くて、居心地がいい会社だった」と振り返った。

 一方、渡さんに心酔し、83年から38年在籍した舘も「ぬるま湯で、すごく居心地がいい(笑)。温かくて楽しかった。俺が事務所をやるとしても、仕事始めに餅つきしたり、俺の中に残っている石原プロのいいところを残したい」と笑顔。71歳の誕生日で、石原プロが俳優マネジメント業務を終える3月31日以降に独立することが決まっており、改めて決意をにじませた。

【続きを読む】