2021.1.7 05:02

麒麟・川島明、「グッとラック!」後番組で司会 “お笑い第7世代”従えて4月から情報バラエティー

麒麟・川島明、「グッとラック!」後番組で司会 “お笑い第7世代”従えて4月から情報バラエティー

 3月で終了するTBS系「グッとラック!」(月~金曜前8・0)の後番組として、4月からお笑いコンビ、麒麟の川島明(41)がMCを務める新番組がスタートすることが6日、分かった。

 関係者によると、新番組は生活情報に特化。事前に収録したロケ企画やランキング企画など、生活に欠かせない衣食住にまつわる情報を紹介していく。ターゲットは20~49歳の主婦で、“お金をかけなくても今の暮らしが10倍楽しくなる番組”を目指すという。

 番組制作はワイドショーを手掛けてきた情報制作局からバラエティーなどを担当するコンテンツ制作局に変わることが決まっており、バラエティー色が強い番組で他局との差別化を図る。

 新番組の“顔”となる川島は、トレードマークの低音ボイスなど芸人としての知名度の高さはもちろん、大好きな競馬をはじめ数々の番組でMCをこなすなどコメント力に定評があることから白羽の矢が立ったようだ。

 本紙の取材では、ロケ企画のリポーターにはEXITや3時のヒロイン、ミキら“お笑い第7世代”の名前が挙がっていることが判明。また、川島をサポートするサブMCの1人は、同局の“次期エースアナ候補”として期待される田村真子アナウンサー(24)が内定。もう1人は主婦層からの高感度が高い女性芸能人を選定中という。