2021.1.1 21:00

回り始めた流れは止まらない 思いきり漕げ! ムンロ王子のタロット占い「1月のカード」を発表

回り始めた流れは止まらない 思いきり漕げ! ムンロ王子のタロット占い「1月のカード」を発表

特集:
ムンロ王子の秘密に迫る

 タロット占い「ムンロ王子の占館(やかた)」で毎日オンライン占いを行っている東大法学部卒の経歴をもつムンロ王子が「今月のカード」を発表。タロットカードが示す2021年最初の1月はどんな月なのか、2021年はどう進めていけばいいのかなど、ムンロ王子のカード解説を紹介します。

【1月のカード(運命の輪)】

1月のカードは運命の輪

 ■今月の標語 「回り始めた流れは止まらない。思いきり漕げ!」

 2021年の幕開けです! 2020年はすっかりコロナに振り回されて五輪は延期、テレワークが進み、自宅で過ごす時間が増えました。さて、今年はコロナが去ってまた元の生活に戻るのでしょうか? 残念だけど、答えはノーよ。台風や地震などの気象と違って、コロナは時代の変化を意味し、一極集中で効率化を図ってきた資本主義の原理は根本から見直されなくてはならないのです。

 2021年をタロットで占ってみたら、表に『戦車』のカード、裏に『悪魔』のカードが出ました。『戦車』はスピーディーに突進せよという意味で、『悪魔』は心の甘えや葛藤を振り切れという意味。つまり、ポスト・コロナ(コロナが終わった後)に備えて新しい価値秩序が形成されるので、それを先読みして動き出せ!というメッセージよ。テレワークはどんどん進み、外食産業や観光業も大きな転換を迫られるでしょう。

 1月を示すカードは『運命の輪』。回り始めた運命の輪は誰にも止められない。輪というのは上りと下りを繰り返して前進するもの。上っている時は思いっきりこがないと後戻りするし、下っている時はブレーキでスピードを調整しながら進まないといけない。今のあなたの運命の輪は上ってますか?下ってますか? それを見極めながら進むようにね。

 おすすめは初詣に参拝して、一年の抱負を「宣言」すること。今年はコロナの影響で混雑する初詣を敬遠する方もいるでしょうが、個人的には節分までに行けば大丈夫だと思います。実際に1月いっぱい初詣に対応している神社や、郵便もしくはインターネットで祈祷を受け付けているところもあるようですので、探してみてください。

 今年の旧正月(春節)は2月12日の金曜日。運勢的にはこの日が2021年の始まり。ということで、1月はそれに向けて動き出す月という位置付けなのよ。世界中がコロナ禍に巻き込まれてからの再スタート、新しい時代の幕開けに大事な最初の一歩を踏み出すためにも、未来を見据えて自分の道を見つけて動き出してね。グッドラック!

 ※今月のラッキー〇〇(ナンバー、カラー、アイテム、スポット、フード)はムンロ王子の占館(やかた)の「今月のカード」内でチェックしてください。

 ムンロ王子の「タロット人生相談」応募方法

 「ムンロ王子の占館(やかた)」では、ムンロ王子が皆さまの悩みにお答えする「タロット人生相談」を募集中。1.相談内容(400文字以内)2.お名前(匿名およびハンドルネーム可)3.年齢4.性別5.居住地(都道府県)6.既婚or未婚7.ご自身のメールアドレスを明記し、以下のアドレス(spo-info@sankei.co.jp)に「タロット人生相談」の件名でお送りください。抽選で毎月1名のご相談をムンロ王子がタロットで占い、結果は次回1月の「今月のカード」とともにコーナー内で掲載します。採用された方にはムンロ王子のサイン入りグッズをプレゼント。