2021.1.1 02:15(1/2ページ)

前澤友作氏、新年の誓い 総額100億円で14社に出資「全社上場を目指す!」

前澤友作氏、新年の誓い 総額100億円で14社に出資「全社上場を目指す!」

前澤友作氏

前澤友作氏【拡大】

 インターネット衣料品通販大手「ZOZO」の創業者でスタートトゥデイ社長、前澤友作氏(45)が1日、自らの資金の投資先に募集していた13事業、14社を公表した。

 投資総額は100億円。設立した2社は同氏が100%、他の12社は昨年設立した「前澤ファンド」が30~70%程度を出資。前澤氏は「経営株主」として各社の経営に携わり、全14社の上場を目指す。

 前澤氏が、「ZOZOに続く第2創業」として、サポートを希望する起業家たちに総額100億円を投資する「前澤ファンド」の設立を発表したのは2020年初め。2月に「夢ある事業のアイデアを持ち、挑戦意欲と社会貢献意欲の高い起業家」を募集し、書類や質疑、面談などの厳正な審査を通過した13の事業領域(14社)が決まった。

 「ひとり親支援」「自宅でできる健康チェック」などのほか、「安全な生サバを食卓に届けるサバの養殖」や「100メートル潜水可能なアクリル製潜水艇で散策する海中旅行」など、ジャンルを問わずユニーク。前澤氏自身も大株主として経営に参画する意向で、自身の経験や人脈、ツイッターでの発信力なども活用しながら、「全社で上場を目指します」と話している。

【続きを読む】