2020.12.28 21:27

羽田雄一郎氏の死因はコロナ感染 現職国会議員で初 立民・枝野代表「大事な仲間を失った」

羽田雄一郎氏の死因はコロナ感染 現職国会議員で初 立民・枝野代表「大事な仲間を失った」

2012年6月、整備新幹線3区間の着工認可について記者会見する羽田国交相(当時)=国交省

2012年6月、整備新幹線3区間の着工認可について記者会見する羽田国交相(当時)=国交省【拡大】

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は28日、急死した同党の羽田雄一郎元国土交通相(53)について「直接の死因は新型コロナウイルス感染症」と記者団に発表した。死亡後に確認された。現職国会議員がコロナ感染により死亡したのは初めて。24日深夜に発熱し、27日午後に都内の病院へ向かう車中で容体が急変した。25日にはインターネットからPCR検査を申し込んだが、予約が取れたのは27日午後だったという。

 福山氏によると、羽田氏はPCR検査を受けるために、秘書が運転する車で移動している際に呼吸が荒くなり「俺、肺炎かな」と言った後、会話が途切れた。秘書は車を止めて救急車を手配。羽田氏は搬送先の病院で午後4時34分、死亡が確認された。糖尿病、高脂血症、高血圧などの基礎疾患があったという。

 立民の枝野幸男代表は、羽田氏の急逝について「大変衝撃を受けている。大事な仲間を失った」と国会内で記者団に語った。葬儀・告別式は開かない予定で、福山氏は「今の状況が落ち着いたら、党としてお別れの会を開催したい」と述べた。