2020.12.28 17:48

糸谷哲郎八段が棋王初挑戦 21年2月に宇都宮で開幕/将棋

糸谷哲郎八段が棋王初挑戦 21年2月に宇都宮で開幕/将棋

糸谷哲郎八段

糸谷哲郎八段【拡大】

 将棋の渡辺明棋王(36)への挑戦権を争う第46期棋王戦(共同通信社主催)挑戦者決定戦第2局は28日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、先手の糸谷哲郎八段(32)が107手で広瀬章人八段(33)を破り、棋王初挑戦を決めた。

 糸谷八段は広島市出身で、森信雄七段門下。1998年に棋士養成機関の奨励会に入会し、2006年にプロ入り。06年、若手棋士らが対象の新人王戦で初優勝を飾った。14年には、竜王戦7番勝負で森内俊之九段を破り、初タイトルを奪取した。角換わり戦法を得意としている。

 9連覇が懸かる渡辺棋王との5番勝負は来年2月7日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで開幕する。