2020.12.27 15:36

松田悟志、映画「大きな古時計 劇場版」を「生まれ変わった作品」と絶賛

松田悟志、映画「大きな古時計 劇場版」を「生まれ変わった作品」と絶賛

映画「大きな古時計 劇場版」舞台あいさつに登壇した(左から)松田、藤沢、藤村

映画「大きな古時計 劇場版」舞台あいさつに登壇した(左から)松田、藤沢、藤村【拡大】

 俳優、松田悟志(42)が27日、東京・渋谷で開かれた主演映画「大きな古時計 劇場版」(小林宏治監督、1月18日公開)の完成上映会で共演の藤沢大悟(40)、女優の藤村知可(39)とともに舞台あいさつを行った。

 1876年に米音楽家ヘンリー・クレイ・ワークが作詞作曲して世界で大ヒットした名曲「大きな古時計」の誕生秘話を描いた作品。仲のいい兄弟が経営するペンションにやってきた一人の若い女性客をめぐるピュアなラブストーリーで、ヒロインは女優、松本まりか(36)が演じる。

 2006年に配信向けで実写ドラマ化。15年を経てCGを駆使し、音楽など細部にもこだわって同じキャストで劇場版となった。15年前の思い出を聞かれた松田は「生まれ変わった作品。同じ素材を使っているのに古く感じない」。藤沢も「懐かしいけど、とてもフレッシュ。シーンは変わっていないけど、音楽やCGが足されているだけで全く違う作品に思える」と感慨深げだった。