2020.12.16 07:30(1/2ページ)

【NMB48 10年のラップタイム】小嶋花梨、“難波愛”を認めてもらえた

【NMB48 10年のラップタイム】

小嶋花梨、“難波愛”を認めてもらえた

特集:
NMB48 10年のラップタイム
NMB48
元々NMBのファンだった小嶋花梨。頼もしくなったキャプテンがグループを引っ張る(撮影・榎本雅弘)

元々NMBのファンだった小嶋花梨。頼もしくなったキャプテンがグループを引っ張る(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 結成10周年を迎えたアイドルグループ、NMB48を振り返る連載「NMB48 10年のラップタイム-まだまだやったんで!!」(毎週水曜掲載)の最終回はNMB2代目キャプテンの小嶋花梨(21)。OGの山本彩(27)からバトンを引き継ぎ、メンバーをまとめている。キャプテンとしての苦悩やグループの未来を語った。

    ◇

 --もともとNMBファン

 「山本彩さんに一目ぼれしました。アイドル=ブリっ子というイメージでしたが、NMB48を見たときにアイドルのイメージがガラッと変わって、お笑いもするのかとどハマりしてしまいました」

 --総選挙でもさや姉に投票?

 「30枚くらいしか入れられなかった。実家に帰ったらCDが山積です」

 --オーディションの思い出は?

 「最終オーディションに彩さんがいました。握手会に行っていたので、彩さんも私の顔を覚えていて、気まずかったです」

 --キャプテンを打診されたとき

 「加入したときからNMB48の魅力を伝えられる人になりたいと思っていたので、自分の“難波愛”を認めてもらえた瞬間だったので、素直にうれしかったです」

【続きを読む】