2020.12.8 05:02(1/3ページ)

寛平マラソン、頑張るランナーに応援動画を毎日ナマ配信

寛平マラソン、頑張るランナーに応援動画を毎日ナマ配信

会見する(左から)西代洋、間寛平、たむらけんじ、福本愛菜。オンライン大会を芸人が連日盛り上げる!(撮影・榎本雅弘)

会見する(左から)西代洋、間寛平、たむらけんじ、福本愛菜。オンライン大会を芸人が連日盛り上げる!(撮影・榎本雅弘)【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 開催期間中は吉本芸人が毎日生配信で盛り上げる「フジパンPresents 淀川寛平マラソン2021 オンライン」。ホストの間寛平(71)を支えるタレント、たむらけんじ(47)、お笑いコンビ・ミサイルマンの西代洋(40)、元NMB48のタレント、福本愛菜(27)が7日、参加ランナーとの“一体化”プランを明かした。寛平がぶち上げた「地球2周8万キロ」に向け、大ベテランの坂田利夫(79)から12歳のNMB48最年少メンバーまで、一丸でオンライン大会を盛り上げる。(主催 吉本興業、産経新聞社、サンケイスポーツ、淀川河川公園 特別協賛 フジパン)

 “寛平の右腕”たむけんと、それをサポートしてきた西代、そして大会のマドンナ・あいにゃんがオンライン開催成功の秘策を練っていた。

 「タレント、芸人さんで期間中、毎日生配信で応援をさせていただきます。フルマラソンを走る方は声援が力になる。なるべく距離を感じないように応援できたら」

 NMB時代の2012年には大阪マラソンを4時間8分45秒の好タイムで完走したこともあるあいにゃんが“経験者”らしい誓いの言葉。たむけんも「コスプレとかで走ってくれたら、紹介します。できるだけ距離感を近くしたい」とランナーとの“一体化”を目指す。

 さらに、Tシャツ付きエントリー(要項参照)の参加者には「寛平師匠と(オンラインで)触れ合えるとこも作ります。一方通行にならないように、皆さんとからめることを考えます。オンライン打ち上げとか」と発案。司会のタレント、石田靖(54)が「8万キロ達成後に『乾杯~!』とか」と後押しすると、寛平も「それ、いい!」と即採用を決めた。

 たくさんの芸人とふれあえることが寛平マラソンの魅力。オンライン開催でも芸人は一般ランナーと“併走”する。

【続きを読む】