2020.12.1 22:42

16歳STU研究生の池田裕楽 「異邦人」でAKB48グループ歌唱力女王に

16歳STU研究生の池田裕楽 「異邦人」でAKB48グループ歌唱力女王に

特集:
AKB48
グランプリに輝き号泣する池田裕楽=1日午後、東京都港区・TBS赤坂ACTシアター(撮影・大橋純人)

グランプリに輝き号泣する池田裕楽=1日午後、東京都港区・TBS赤坂ACTシアター(撮影・大橋純人)【拡大】

その他の写真(1/5枚)

 AKB48グループで最も歌がうまいメンバーを決める「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝が1日、東京・赤坂ACTシアターで行われ、STU48研究生の池田裕楽(ゆら、16)が優勝した。

 昨年10月にSTUに加入したばかりの2期研究生の無名のヒロインにとって、アイドルになる前から出場を夢見ていたという大舞台。歌手、久保田早紀の名曲「異邦人」を伸びやかな歌声で披露し、会場を圧倒した。

 優勝が決まると手で顔を覆って涙を流し、「信じられないです。歌が好きということだけでやってきて、こうやって私の歌をいろいろな方に聞いていただけてうれしいです」と感激した。

 あどけなさが残る16歳の歌う「異邦人」は、異色の選曲。「予選では『なごり雪』を歌ったんですけど、何曲か聞いて(『異邦人』が)いいなと思った。口ずさんでみて、この曲を私らしく歌いたいなと思いました」と明かした。今後はオリジナルソロ曲が制作される。