2020.11.28 07:30(1/2ページ)

【ヒューマン】大鶴義丹「ちょっとにぶくないとダメだね、俳優は」52歳マルチな活躍支える「鈍感力」

【ヒューマン】

大鶴義丹「ちょっとにぶくないとダメだね、俳優は」52歳マルチな活躍支える「鈍感力」

  • ジーンズとジャケットを着こなすイケオジな大鶴。“ちょい悪”とユーモアを併せ持つ人柄が魅力だ=東京・大手町
  • 映画「めぐみへの誓い」では北朝鮮拉致の工作員を不気味に演じた
  • 劇団「新宿梁山泊」のテント公演会場で。奇抜な舞台メークも似合う
  • コロナ禍の中、マスク姿で舞台「オレステスとピュラデス」の稽古に励んだ
  • 大鶴義丹
  • 大鶴義丹
  • 大鶴義丹
  • 大鶴義丹
  • 大鶴義丹
  • 大鶴義丹
  • 大鶴義丹
  • 大鶴義丹

 俳優、大鶴義丹(52)がマルチに活躍している。28日開幕の舞台「オレステスとピュラデス」で1人5役に挑み、来年2月19日公開の映画「めぐみへの誓い」では自身最大の悪役、北朝鮮工作員を熱演。演出家や作家、ユーチューバーなど多彩な顔も持つ。劇作家で俳優、唐十郎(80)と女優、李麗仙(78)が両親のサラブレッドだが、根っこにあるのは「鈍感力」。力が抜けた“50過ぎのおっさん”は今が旬だ。(ペン・渡邉尚伸、カメラ・塩浦孝明)

■舞台で1人5役、作家、ユーチューバー…「仕事に境界線ない」■

 50分にわたり、ユーモアたっぷりに語り尽くした後の写真撮影。カメラの前に立つと、一瞬で俳優の表情に変わった。

 ギリシャ悲劇に初挑戦する舞台「オレステスとピュラデス」(12月13日まで、KAAT神奈川芸術劇場)でも、2人の主人公と対峙する5役を1人で演じ分ける。

 自身の長女(23)よりも若いオレステス役の鈴木仁(21)やピュラデス役の濱田龍臣(20)との共演に「今の子は器用でびっくり。30代のときなら『20代に負けねえ』と思ったけど、もう同一線上で戦おうと思わないもん」と笑い飛ばす。

 映画「めぐみへの誓い」には北朝鮮拉致の工作員役で出演。「作品がきっかけで世界に何かアクションが起きたら。(米大統領の)トランプさんに見てもらって…今はそれどころじゃないね」と悪気なく語る姿は、どこか憎めない。

 俳優としての原点は舞台。唐十郎と李麗仙が活動した劇団「状況劇場」の稽古場を兼ねた自宅で育ち、幼い頃から演劇に触れてきた義丹少年は自然と役者の道に進んだ。

 1984年にNHKドラマ「安寿子の靴」でデビュー後は、テレビや映画を中心に活躍。俳優として舞台に戻ってきたのは30代になってからだ。

 2014年には父親の劇団から“のれん分け”した「新宿梁山泊」に参加。以降毎年、唐が生み出したアングラ演劇を舞台上で体現してきた。

 「抵抗があって避けてきたけど、おやじが現役を退いたこともあってスッとできた。ライバルとして意識していたのかな。おやじの劇団にいた根津甚八さん、六平直政さん、佐野史郎さんも青春をかけた舞台だし、その空間を感じられるのが面白い。子供の頃は分からなかったけどね」と充実した表情を見せた。

 俳優デビューから36年、「最近、役者じゃなかったら何をやってるのかなと思うことが多いけど、何も浮かばない。趣味のバイクじゃ食べられないしね」と天職だと実感。「俺よりセンスがあったり、天才扱いされていたけど、50歳を過ぎてトーンダウンした俳優もいる。プライドが高いと傷ついちゃうから、ちょっとにぶくないとダメだね、俳優は。残っている人は『鈍感力』ですよ」と力説する。

【続きを読む】