2020.11.23 05:02

池脇千鶴、40歳新米ホステス&伝説のママ 9年ぶり連ドラ主演で1人2役

池脇千鶴、40歳新米ホステス&伝説のママ 9年ぶり連ドラ主演で1人2役

フジテレビ系「その女、ジルバ」で池脇千鶴が演じる笛吹新(新米ホステス・アララ)

フジテレビ系「その女、ジルバ」で池脇千鶴が演じる笛吹新(新米ホステス・アララ)【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 女優、池脇千鶴(39)が来年1月9日スタートのフジテレビ系「その女、ジルバ」(土曜後11・40)で9年ぶりに連続ドラマに主演することが22日、分かった。

 同名漫画を原作に、採用条件40歳以上、平均年齢70歳以上の超高齢熟女バーを舞台にした涙と笑いの作品。池脇は、大手百貨店勤務で、会社で肩身が狭くなった40歳の主人公・笛吹新(あらた)役。恋人なし、貯金なしの崖っぷちだが、熟女バーの最年少ホステスになり、源氏名「アララ」として、50~80代の先輩ホステスたちから刺激を受けて輝きを取り戻す。

 池脇は主人公のほか、回想シーンに登場する熟女バーを作った伝説のママ「ジルバ」の1人2役に挑戦。老けメークをして「ジルバ」になりきり、実力派の本領を発揮して演じ分ける。

 9年ぶりの座長役に池脇は「女性で主演ができることは、ありがたいなと思います」と気合十分。熟女バーのメンバー役は後日発表されるが、「お姉さま方が多い現場も初めて。皆さんとても明るくて、私よりもパワフルで、キャッキャキャッキャと声が聞こえてきます」とチームワークの良さをアピールした。