2020.11.23 05:00

東映会長・岡田裕介氏の密葬しめやかに

東映会長・岡田裕介氏の密葬しめやかに

 18日に急性大動脈解離で死去した東映グループ会長の岡田裕介氏(享年71)の密葬が22日、東京・杉並区の善福寺で、しめやかに営まれた。

 式には喪主で妹、高木美也子さんら親族と東映関係者らが参列した。

 前日の21日には、自宅からぼだい寺へ向かう裕介氏の遺体が縁の地を巡り、午後3時に遺体が東京・東大泉の東映東京撮影所に到着。裕介氏との突然の別れに、社員や関係者ら約200人が集結し、関係者の中には裕介氏の“遺作”で女優、吉永小百合(75)主演映画「いのちの停車場」を手掛ける成島出監督(59)、「麻雀放浪記2020」の白石和彌監督(45)、「魔女の宅急便」の清水崇監督(48)らの姿もあった。

 お別れの会は開催予定だが、コロナ禍でもあり詳細は決まっていない。