2020.11.21 18:10

大阪維新、新代表に吉村洋文氏を選出 都構想否決で松井氏が辞任

大阪維新、新代表に吉村洋文氏を選出 都構想否決で松井氏が辞任

大阪維新の会の新代表に選出され、あいさつする吉村洋文大阪府知事=21日午後、大阪市

大阪維新の会の新代表に選出され、あいさつする吉村洋文大阪府知事=21日午後、大阪市【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 政治団体・大阪維新の会は21日、大阪市で全体会議を開き、新代表に吉村洋文大阪府知事(45)を選出した。「大阪都構想」再否決を受けた松井一郎大阪市長(56)の辞任に伴う代表選挙で、片山一歩市議(57)を大差で破った。吉村氏は選出後のあいさつで「都構想以外の手段を探りながら、大阪府市一体の『ワン大阪』を実現していきたい」と述べた。

 吉村氏の任期は2024年11月までの4年間で、21日中に幹事長ら役員を選任し、新体制を発足させる見込み。

 松井氏は23年4月までの市長任期終了後に政界を引退する意向を示している。兼務する国政政党の日本維新の会の代表は次期衆院選まで続ける。

 片山氏は、所属議員らによる代表選挙の投票に先立つ演説で都構想の3回目の住民投票挑戦を訴えたが、及ばなかった。投票結果は吉村氏が232票、片山氏が11票、無効票が1票だった。