2020.11.21 00:32

西田敏行、松坂桃李、広瀬すずが東映会長・岡田裕介さんを追悼

西田敏行、松坂桃李、広瀬すずが東映会長・岡田裕介さんを追悼

東映の岡田裕介会長

東映の岡田裕介会長【拡大】

 俳優やプロデューサーとしても活躍した東映グループ会長の岡田裕介(おかだ・ゆうすけ、本名・剛=つよし)さんが、18日夜に急性大動脈解離のため71歳で死去した。“遺作”となった女優、吉永小百合(75)の主演映画「いのちの停車場」(成島出監督、来年公開)に出演する西田敏行(73)、松坂桃李(32)、広瀬すず(22)が追悼コメントを発表した。

西田敏行「あまりにも急です 急過ぎます。言葉がありません。貴方がこの世に居ないなんて ついこの間 撮影現場で冗談を言いあって笑ったのに もう この世に居ないんですか 今どっと淋しさと喪失の思いを全身で感じています」

松坂桃李「あまりにも突然の報せに、まだ自分の中で気持ちの整理ができておりません。最後に関わられた『いのちの停車場』という作品をより多くのお客様にお届けすることが岡田会長の意思だと受けとめ、邁進していきたいと思います。ご冥福をお祈りいたします」

広瀬すず「最後にお会いしてからまだ1ヶ月も経っておらず、あんなにお元気だったのですごく驚いています。映画の現場も頻繁に足を運んで下さり、いろんな面白い話を沢山聞かせて下さいました。東映作品に参加させて頂けて、とても幸せでした。心よりご冥福をお祈りします」

(いずれも原文ママ)