2020.11.20 17:32

東映会長の岡田裕介さんが死去 71歳、急性大動脈解離

東映会長の岡田裕介さんが死去 71歳、急性大動脈解離

東映の岡田裕介会長

東映の岡田裕介会長【拡大】

 俳優や映画プロデューサーとしても活躍した東映グループ会長の岡田裕介(おかだ・ゆうすけ、本名剛=つよし)さんが18日午後10時58分、急性大動脈解離のため東京都内の病院で死去した。71歳。京都市出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は妹高木美也子(たかぎ・みやこ)さん。お別れの会を開催予定だが、詳細は未定。

 1970年に俳優として「赤頭巾ちゃん気をつけて」で映画デビューした後、野村芳太郎監督の「しなの川」、深作欣二監督の「火宅の人」などに出演。岡本喜八監督の「吶喊」では主演とプロデューサーを務めた。

 高倉健と吉永小百合が主演の映画「動乱」などを製作し、88年に東映入社。「華の乱」「北の零年」など多くの吉永主演作や、織田裕二主演の「きけ、わだつみの声 Last Friends」のプロデュースを手掛けた。

 2002年から社長、14年から東映グループ会長や日本映画製作者連盟会長を務めていた。父は名物映画プロデューサーとして知られた元東映名誉会長の故岡田茂さん。