2020.11.17 17:42

【花組】華優希「卒業する最後の日まで精進」

【花組】

華優希「卒業する最後の日まで精進」

 来年7月4日に退団することを発表した宝塚歌劇団花組トップ娘役、華優希(はな・ゆうき)が17日、兵庫県宝塚市内で退団会見を行った。

 「こんなにも愛にあふれた世界にいさせて頂けた幸せをとても強く感じています。みなさまから頂いた温かい思いをより良い舞台としてお返しできるように卒業する最後の日まで精進を重ねてまいりたいと思います」

 純白のドレスに身をまとった華。昨年4月のトップ就任時から卒業を意識し始めたといい、今年1月、柚香光(ゆずか・れい)のトップお披露目公演「DANCE OLYMPIA」の稽古期間に卒業を決心した。

 思い出の作品は15日に東京宝塚劇場で千秋楽を迎えた「はいからさんが通る」を挙げた。2017年の外部劇場での初演時にヒロインの花村紅緒を演じ、今年3月、柚香の大劇場お披露目公演でも同役を再演する予定だった。しかし、新型コロナウイルスの影響で延期、休演が続き、7月にようやく上演となった。

 「花村紅緒はこの(コロナ)期間を一緒に乗り越えてくれたような。3年前の初演で出会ってから大劇場で再演させていただくまでの期間もずっと紅緒さんに励まされてきた。一生忘れられない役になると思います」としみじみ語った。

 退団公演は来年4月2日に兵庫・宝塚大劇場で開幕する「アウグストゥス-尊厳ある者-」「Cool Beast!!」(5月10日まで)。東京宝塚劇場公演の千秋楽をもって退団となる。

 華は京都府出身。2014年3月「宝塚をどり」で初舞台。19年4月に仙名彩世の後を受け、明日海りおの4人目の相手役としてトップ娘役に就任した。退団後の予定は未定。