2020.11.11 21:32

韓国高官、東京五輪中の首脳会談提案か 南北日米で

韓国高官、東京五輪中の首脳会談提案か 南北日米で

特集:
東京五輪競技ニュース

 韓国紙の朝鮮日報は11日、韓国の情報機関、国家情報院の朴智元院長が10日の菅義偉首相との会談で、来年の東京五輪の際に南北と日米の首脳が会談し拉致や北朝鮮の核問題の解決策について議論するとの文在寅大統領の提案について説明したもようだと報じた。真偽は不明。

 韓国の与党関係者は同紙に対し、朴氏が東京五輪を「南北、韓日関係改善のモメンタム(勢い)にするという構想を伝えたようだ」と指摘。五輪期間中に北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を東京に招待し、南北と日米の首脳会談を開催する方策を打診したとしている。

 朴氏は11日、韓国に帰国。聯合ニュースに対し、1998年の「日韓共同宣言」に続く新たな宣言作成を菅氏に提起したことに絡み「両国首脳は徴用工問題など韓日の懸案を解決しようとする意思が強く、実際に今、実務者のラインで接触している」と指摘。「うまくいくと思う」と述べた。

 韓国が年内開催を目指す日中韓首脳会談についても「良い方向に向かうだろう」と期待を表明した。会談した際に菅氏の著書を称賛してサインを頼んだところ、笑って応じてくれたと明かした。(共同)