2020.11.10 05:02(1/2ページ)

ジャニーズJr.原嘉孝、「主人公の兄」から座長昇格「一致団結して完走したい」

ジャニーズJr.原嘉孝、「主人公の兄」から座長昇格「一致団結して完走したい」

急きょ、出演舞台の座長を務めることになった原。カンパニー一丸となって緊急事態に立ち向かう

急きょ、出演舞台の座長を務めることになった原。カンパニー一丸となって緊急事態に立ち向かう【拡大】

その他の写真(1/2枚)

 ジャニーズJr.の原嘉孝(25)が、俳優、伊藤健太郎(23)が降板した主演舞台「両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)」の代役を務めることが9日、分かった。伊藤が10月に道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕(後に釈放)され、12月5日の東京・明治座での初日を控えた緊急オファーを男気で快諾。「カンパニーの熱量を劇場で感じて」と完走を誓った。俳優、木村了(32)の特別出演も決まった。

 原を先頭に出演者やスタッフが一丸となり、土俵際に追い込まれた舞台の危機を乗り越える。

 「両国花錦闘士」は同名相撲漫画を舞台化。主人公は美形でやせ形のナルシスト力士で、伊藤のまわし姿のポスターが話題になっていた。

 製作側は伊藤が先月29日に逮捕(同30日に釈放)されたことを重く受け止め、今月7日に同作公式サイトで降板を発表。代役を立てて予定通り12月5~23日までの東京・明治座公演や大阪、福岡公演を行うとしていた。

 開幕まで1カ月を切ったタイミングで座長不在の緊急事態に、白羽の矢が立ったのが主人公の兄役で出演する原だった。

 原は8月に上演された「Les Miserables~惨めなる人々~」に主演するなど舞台を中心に活躍。所属していたジャニーズJr.の4人組、宇宙Sixが先月3日付で解散したが、前日同2日から25日まで舞台「リチャード二世」で迫真の演技を見せ、ショックを感じさせなかった。

【続きを読む】