2020.10.26 08:00(1/2ページ)

親友初タッグ!King Gnu・常田大希、綾野剛主演映画の主題歌「やばいのできた」

親友初タッグ!King Gnu・常田大希、綾野剛主演映画の主題歌「やばいのできた」

「ヤクザと家族 The Family」で初タッグを組む左から藤井監督、綾野、常田。実力派3人が巻き起こす“化学反応”に注目だ

「ヤクザと家族 The Family」で初タッグを組む左から藤井監督、綾野、常田。実力派3人が巻き起こす“化学反応”に注目だ【拡大】

 ロックバンド、King Gnuのギター兼ボーカル、常田大希(28)率いるプロジェクト、millennium parade(ミレニアムパレード)が映画「ヤクザと家族 The Family」(藤井道人監督、来年1月29日公開)の主題歌を務めることが25日、分かった。常田が親友の主演俳優、綾野剛(38)のためにKing Gnuメンバーを招集して作った壮大なバラード「FAMILIA」で、男の絆の物語を盛り上げる。

 昨年NHK紅白歌合戦に初出場した人気ミュージシャンが演技派俳優と初タッグを組み、注目映画を音楽で後押しする。

 「やばいのできた」。クールなイメージの常田が胸を張る主題歌「FAMILIA」は、優しさと切なさを併せ持つ独特なサウンドが印象的なバラード。仮編集状態の映像を見て、ヤクザの組織と家族の間で葛藤する主人公に寄り添って一気に書き上げ、現在ヤクザの実像を描く重厚な物語にふさわしい美しく壮大な楽曲に仕上げた。

 綾野と舘ひろし(70)が初共演することでも話題の映画の主題歌が誕生したきっかけは、“家族”のように深い絆だ。常田と綾野は一緒に写った写真をSNSにあげるなど仲良しで、東京ディズニーランドへ行くほどの間柄。互いをよく知るだけに、脚本を読んだ綾野が映画の世界観を表現できるのは「(常田)大希しかいない」と藤井監督を通じてオファー。令和の音楽界、映画界を担うトップ同士のコラボが実現した。

 主題歌は常田率いるmillennium paradeとして発表。自身のクリエーティブチームを中心にメンバーが入れ替わる新感覚のバンドで、過去に歌手、Chara(52)らが参加。5月に発売した世界的SFアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」の主題歌「Fly with me」はオリコン週間ランキング初登場1位を記録するなど注目を集めている。

【続きを読む】