2020.10.21 20:14

従業員殺人未遂容疑の男「ヤマト運輸に思いがあってやった」 

従業員殺人未遂容疑の男「ヤマト運輸に思いがあってやった」 

 大阪市天王寺区の天王寺公園でヤマト運輸の男性従業員(25)を果物ナイフで刺したとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男(49)が「ヤマト運輸に思いがあってやった」と供述していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 天王寺署によると、容疑者とヤマト運輸との間に目立ったトラブルは確認されていない。ヤマト運輸によると、同社での勤務歴もないとみられる。署は容疑者が一方的に恨みを募らせた可能性があるとみて、刑事責任能力の有無も含め経緯や動機を慎重に調べている。

 容疑者は逮捕当初「この件に関しては何も言いたくない」と供述していた。最近は日雇いの仕事をして生活していたとみられる。

 事件は18日午後4時35分ごろ発生。ヤマト運輸の制服姿の男性従業員が配達の車に戻ろうとした際、突然背後から首などを刺された。男性は「(容疑者と)面識がない」と話していた。

 ヤマト運輸を巡っては6日、神戸市北区の集配所で従業員の男女2人が元同僚の男に刃物で刺されて死傷する事件があった。