2020.10.20 05:03(1/2ページ)

赤い公園・津野米咲さん急死 16日収録が最後の仕事「ギターがあると楽しくなる」

赤い公園・津野米咲さん急死 16日収録が最後の仕事「ギターがあると楽しくなる」

津野米咲さん

津野米咲さん【拡大】

 女性4人組ロックバンド、赤い公園のギター担当、津野米咲(つの・まいさ)さん(享年29)が死去していたことが19日、分かった。所属事務所などによると、前日18日午前9時頃、東京都杉並区内の自宅でぐったりしている津野さんを関係者が発見。搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁は現場の状況から自殺とみて調べている。芸能界では9月27日に女優、竹内結子さん(享年40)が急死したばかりだった。

 2010年に結成した赤い公園では、主に作詞作曲を担当。音楽業界が「才能あふれるアーティスト」と期待していた逸材が急逝した。

 所属事務所などによると、18日午前9時頃、関係者が仕事現場に姿を見せない津野さんを心配して杉並区の自宅を訪れると、ぐったりしている姿を発見。119番通報し、津野さんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。遺書は見つかっていないが、警視庁は現場の状況などから自殺とみて調べている。

 この日、公式サイトで「突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ共に、現実を受け止めきれない状況です」などと発表。葬儀は遺族の意向で近親者のみで営まれる。バンド存続については未定。

 赤い公園は12年にメジャーデビュー。18年にボーカルの石野理子(19)が新加入した。中心的存在として活躍した津野さんは12年に疲労などで活動を一時休止。SMAPの楽曲「Joy!!」やモーニング娘。’16の「泡沫サタデーナイト!」なども手掛けた。

 音楽活動以外ではNHK-FM「ゆうがたパラダイス」で水曜司会を担当。11日にはテレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」に出演した。

 津野さんはこの日夜、J-WAVE「SONAR MUSIC」にゲスト出演。収録は16日で、故人にとってこれが最後の仕事となった。同番組では普段のほんわかとした口調で「しゃべるのが苦手な時でも、ギターがあると楽しくなる」と音楽への愛着を語った。

【続きを読む】

  • 赤い公園