2020.10.19 09:56

加藤浩次、療養中に痩せて顔が「スッキリ」 番組復帰「今日からもう元気」

加藤浩次、療養中に痩せて顔が「スッキリ」 番組復帰「今日からもう元気」

極楽とんぼ・加藤浩次

極楽とんぼ・加藤浩次【拡大】

 12日に肺炎の疑いで入院したお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(51)が19日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)に生出演し、仕事復帰した。

 番組冒頭、加藤は「すみません本当に、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と頭を下げた。加藤は9日に37度台の微熱と寒気があり、番組を欠席。同日に受けた新型コロナウイルスのPCR検査の結果は陰性だったが、9日夜に熱が39度台に達したため、12日に再度PCR検査を受けて陰性。しかし、肺炎の疑いがあることが判明したため、入院していた。

 加藤は、PCR検査の結果が陰性だったことに「土、日と普通の風邪だったら寝てれば大丈夫だと」と考えていたが、「そこから熱が39度くらいまで上がって、解熱剤を飲まないと熱が下がらない状況。(解熱剤が)切れるとまた39度台。これをずーっと繰り返して」と振り返った。かかりつけの病院で検査を受けたところ「ちょっと普通じゃない」とのことで、検査の途中で入院。医師の紹介で、大学病院に移りCTスキャンを撮影し、「右側(の肺)だけ影が出てる状態だった」と診断を受け、その時点で新型コロナによる肺炎の症状ではないと判断された。

 自身の症状については「肺炎っていったら咳が出るイメージあると思いますけど、一切咳が出ない肺炎ってあるんですって。免疫力がさがったりすると、体についてる常在菌でも肺炎を起こす可能性がある」と説明。加藤は「(頭が)新型コロナってなってるかもしれないですけど、違う病気の可能性もあります。こういう場合もあるんだっていうことがわかりましたね」と語った。

 同じくMCを務めるお笑いコンビ、ハリセンボンの近藤春菜(37)から「めちゃくちゃ痩せて、本当にすっきりされて目も大きくなってますよね」と指摘されると、加藤は「みんなに痩せた痩せたって言われて。妻が来たの病院に。そんなに目大きかったっけ? って言われて」と療養中に顔がスッキリしたことを話した。

 現在の状態については「薬をちょっと5日くらい飲んで、飲みきりで終わるって感じ」と回復に向かっていることを伝え、「今日からもう元気なんで、よろしくお願いします」と笑顔を見せた。