2020.10.19 05:01

チュート徳井、コロナ前から「ステイステイホームでした」

チュート徳井、コロナ前から「ステイステイホームでした」

「京都国際映画祭」特別公演で漫才を披露するチュートリアルの徳井と福田(右)(c)京都国際映画祭

「京都国際映画祭」特別公演で漫才を披露するチュートリアルの徳井と福田(右)(c)京都国際映画祭【拡大】

 15日からオンラインで開催されていた「京都国際映画祭2020」が18日、閉幕した。京都・よしもと祇園花月では特別公演「よしもと祇園花月! 秋のはんなり厳選ネタLIVE SP」が開催され、京都出身のお笑いコンビ、チュートリアルらが出演した。

 昨年10月に申告漏れが発覚し、2月まで活動自粛していた徳井義実(45)は登場すると「あの徳井です」と自虐的なあいさつで笑わせた。

 その後も、相方の福田充徳(45)が「コロナでなかなか外出ができなかったじゃないですか?」と話すと、徳井は「僕はその前から外出できませんでしたけど…。ステイステイホームでした」とポツリ。会場を沸かせた。

 祇園花月は席数502席のところを213席に絞り、検温や消毒など、コロナ対策を講じて、公演を実施した。