2020.10.19 05:03(1/2ページ)

二宮和也主演「浅田家!」が日本映画初の最優秀アジア映画賞

二宮和也主演「浅田家!」が日本映画初の最優秀アジア映画賞

特集:
ワルシャワから吉報が届き、感激の笑顔を見せる二宮(右)と中野監督

ワルシャワから吉報が届き、感激の笑顔を見せる二宮(右)と中野監督【拡大】

 欧州を代表する映画祭の一つとして知られる第36回ワルシャワ国際映画祭の授賞式が日本時間17日深夜、同市内で開催され、嵐・二宮和也(37)の主演映画「浅田家!」(中野量太監督)が最優秀アジア映画賞を受賞した。36年の歴史を持つ同映画祭で日本映画が同賞に輝くのは初。コロナ禍で出席できなかった二宮は18日に快挙と現地の盛況を知り、「人から人へ気持ちが伝わったことがうれしい」とコメント。国を越えた感動の共有に胸を熱くした。

 約8570キロ離れたポーランドの首都・ワルシャワから東京に届いた吉報を知ったのは18日朝。

 コメントを寄せた二宮は「朝起きて(受賞の)知らせが深夜にきていたことを知り、大変驚きました。まずは監督、おめでとうございます!」と興奮冷めやらない様子で中野量太監督(47)と喜びを分かち合った

 日本時間17日深夜に開催された授賞式で、二宮の主演作「浅田家!」が対象の12作品から最優秀アジア映画賞を受賞。ワルシャワ国際映画祭では、2007年に革新的な作品が集まるフリースピリットコンペ部門で「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(吉田大八監督)が大賞を受賞したが、邦画が最優秀アジア映画賞を獲得するのは初の快挙となる。

【続きを読む】