2020.10.18 07:30(2/2ページ)

【朝ドラのころ】「私の青空」田畑智子(3)撮影終盤に大遅刻も温かく迎えてくれたスタッフ

【朝ドラのころ】

「私の青空」田畑智子(3)撮影終盤に大遅刻も温かく迎えてくれたスタッフ

特集:
朝ドラのころ
朝ドラ撮影当時、関連イベントで共演の松尾れい子(右)と盛り上げに一役。撮影以外も頑張った結果、不覚の事態も…

朝ドラ撮影当時、関連イベントで共演の松尾れい子(右)と盛り上げに一役。撮影以外も頑張った結果、不覚の事態も…【拡大】

 撮影のラストスパート直前の大失態に、がく然としたのを昨日のことのように思い出します。その日はたまたまマネジャーが別の仕事で不在で、代わりにタクシーを呼んでくれていたんです。運転手さんは指定された時間にピンポンしてくれたそうですが、それでも起きなかった。後の祭り、気の緩みですね。

 あわてて起きた後すぐスタジオに駆けつけたら、私の出番のないシーンから撮影が始まっていました。謝る私をスタッフの皆さんは温かく迎えてくれて、涙が出る思いでした。でも、「遅刻って、こんなに気がめいるものなのか」と落ち込みました。私の女優人生で、あれを最初で最後の遅刻にしたいです。

 裏を返せば、それだけ打ち込んだ役でした。前向きななずなは、今でも私の分身です。彼女のおかげで今の私があると思っています。でも、女優として、その役だけに甘えてはいけない。それからは必死で“脱なずな”も心がけています。 (25日付に続く)

★大間はマグロ以外も美味

 なずなの故郷、青森・大間町といえばマグロ漁で有名。田畑は「撮影の合間にマグロづくしのおすしや、頭の部分を焼いた料理などを食べさせていただきました」と述懐。その後も何度か仕事で訪ねたといい、「大間はマグロ以外でも実はイカやホタテ、ウニがおいしい」と太鼓判を押した。京都・祇園の老舗料亭「鳥居本(とりいもと)」が実家だけに、「舌は肥えている方だと思います。若い頃は自慢するみたいなので言いませんでしたが、今は自信を持って舌が肥えていると言えます」と笑った。