2020.10.17 07:30(1/4ページ)

【ヒューマン】井ノ原快彦×道枝駿佑「461個のおべんとう」初共演の2人が“親子対談”

【ヒューマン】

井ノ原快彦×道枝駿佑「461個のおべんとう」初共演の2人が“親子対談”

 V6の井ノ原快彦(44)とジャニーズJr.、なにわ男子の道枝駿佑(18)による“親子対談”が実現! 2人は11月6日公開の映画「461個のおべんとう」(兼重淳監督)で、お弁当作りを通じて絆を育むバツイチの父と高校生の息子を熱演した。劇中同様、クロストークでは、撮影秘話や互いのグループについて語る温かい本音が、お弁当箱のようにぎっしり。「主演を張れるようになりたい」と言い切る道枝に、イノッチパパは「ジャニーズは安泰です」と目を細めた。(ペン・渡邉尚伸)

 --初共演の印象は

 井ノ原「ジャニーズ事務所は勉強で先輩のコンサートを見に行くんですけど、V6はJr.の子をステージに上げて話をさせるんです。ミッチー(道枝)は『あー、あのときの子か』みたいな。昨年9月のジャニー(喜多川)さんのお別れの会で『映画、よろしくね』と話して。背が高いよね」

 道枝「今178センチで180センチはいきたいです!」

 井ノ原「二十歳までは伸びるんじゃない? ちなみに僕は175センチ」

 道枝「パパを超えちゃいました(笑)」

 --2人の年齢差は26歳だが

 井ノ原「V6が『学校へ行こう!』(TBS系で1997~2008年放送)をやっていたときは幼稚園?」

 道枝「僕は(17年以降の)スペシャルを見ていました。まさか共演できると思わなかったです」

 --初共演の距離間をどう埋めた

 井ノ原「撮影前に連絡先を聞いて、メールでやり取りしていました」

 道枝「撮影現場でお弁当を一緒に食べました」

 井ノ原「作りすぎた卵焼きを持っていったり」

 道枝「紅ショウガ入りでおいしかった!」

 --高校時代は弁当持参だった

 井ノ原「僕はお弁当でした。ちょっとお金があるときは、高校近くの肉屋さんでコロッケを買っていました。ミッチーは現役高校生だよね」

 道枝「僕はお母さんに負担がかかるから学食で」

【続きを読む】