2020.10.17 12:39

井頭愛海、「鬼ガール!!」を「鬼滅の刃」と間違えられ…

井頭愛海、「鬼ガール!!」を「鬼滅の刃」と間違えられ…

初主演映画「鬼ガール!!」の舞台あいさつに登壇した井頭と板垣(左)

初主演映画「鬼ガール!!」の舞台あいさつに登壇した井頭と板垣(左)【拡大】

 女優、井頭愛海(19)が17日、東京・渋谷HUMAXシネマで行われた初主演映画「鬼ガール!!」(瀧川元気監督)の公開記念舞台あいさつに共演の俳優、板垣瑞生(19)らと出席した。

 今も鬼伝説が残されているという大阪の秘境、奥河内が舞台の青春エンターテインメント。大阪出身の井頭は赤鬼風の赤い衣装で登壇し、「大阪ならではの吉本新喜劇の方も出ていただき、『おもしろかったよ』といわれたのがうれしかった」とあいさつした。

 続けて「(最初は役の)イメージが湧きにくかったけど、完成品をみてCGでうまいことやってもらっているなと。(本来の)自分の性格も合い、普段も関西弁(役の鬼瓦)で話しているのでいつもの井頭愛海。共通点はももか=井頭愛海でした」と内容に太鼓判を押した。

 MCがボケて「突然鬼になったら人間に戻そうと努力しますもんね」と内容を間違えると、井頭は「(妹役の)りりかは元から鬼。人間に戻すのは同じ公開日のやつ(鬼滅の刃)」と関西弁で冷静にツッコミ。再びMCが「呼吸法がよかった。待望のアニメからの映画化ですよね」とボケると、監督も「それは『鬼滅』ですよ」とツッコミを入れた。

  • 映画「鬼ガール!!」の舞台あいさつに登壇した(左から)板垣、主演の井頭、瀧川監督