2020.10.16 05:03(1/2ページ)

BTS所属事務所が1兆円超え市場デビュー!世界的勢い評価、上場直後は買い殺到

BTS所属事務所が1兆円超え市場デビュー!世界的勢い評価、上場直後は買い殺到

BTSのメンバー(AP)

BTSのメンバー(AP)【拡大】

 韓国の男性音楽グループ、BTS(防弾少年団)の所属事務所「ビッグヒットエンターテインメント」(ソウル市)が15日、韓国取引所に株式を上場した。K-POP界をリードするグループの世界的な人気で急成長を遂げた事務所の市場デビューは、韓国内で脚光を浴び、一時は時価総額11兆8800億ウォン(約1兆900億円)にまで達した。

 世界中の投資家たちの視線が集中した。15日の韓国取引所。午前の初値は1株27万ウォン(約2万4760円)だったが、「ビッグヒットエンターテインメント」の上場と同時に買いが殺到し、高騰。一時は時価総額11兆8800億ウォンに達した。

 ただ、午後は一転して下落が続き、終値は25万8000ウォンと初値を割り込んだ。短期間で売り抜けを図った投資家が多かったとみられる。

 世界的人気を誇るBTSは、“市場デビュー”でも脚光を浴びた。同事務所の房時赫代表は、上場の記念式典で「小さな会社から始め、世界の音楽市場の秩序を再編したと評されるようになった。世界最高のエンターテインメント企業を目指していく」と意気込みを語った。

 同事務所は2005年設立。BTSの世界的な人気で急成長を遂げた。昨年の営業利益は、これまで業界で優位にあった韓国の大手芸能事務所3社の合計を上回っている。今月10、11日に開催されたBTSのオンライン公演は、世界の約190カ国・地域で90万人以上が視聴し、チケットだけで500億ウォンを売り上げたと推定されている。

【続きを読む】