2020.10.14 19:18

鬼滅の刃グッズ販売で罰金 無断で複製、著作権法違反

鬼滅の刃グッズ販売で罰金 無断で複製、著作権法違反

 無断で複製した人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターグッズを入手、販売したとして、秋田区検は14日、著作権法違反の罪で男性建設作業員(51)=秋田・仙北市=と、住所不定の無職男性(58)を略式起訴した。秋田簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出し、2人は即日納付した。

 起訴状によると、建設作業員は今年4~5月、何者かが著作権者の許諾を得ずに複製したキャラクターのフィギュア2体とキーホルダー3個を、3人に計約9000円で販売。無職男性は7月、フィギュア4体とイラスト入り目覚まし時計2個を、2人に計約1万2000円で販売したとしている。

 秋田地検はグッズの入手先について「明らかにしない」としている。

 神戸区検も14日、同罪で中国籍の男性(33)を略式起訴した。神戸簡裁は同日、罰金20万円の略式命令を出した。

 アニメの原作は、漫画誌「週刊少年ジャンプ」に掲載された吾峠呼世晴さんのヒット作。