2020.10.14 12:04

海自の新型潜水艦「たいげい」が進水式 22隻体制実現へ

海自の新型潜水艦「たいげい」が進水式 22隻体制実現へ

海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」=14日午前、神戸市の三菱重工業神戸造船所

海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」=14日午前、神戸市の三菱重工業神戸造船所【拡大】

 海上自衛隊に2022年3月就役予定の新型潜水艦の命名・進水式が14日、神戸市の三菱重工業神戸造船所で開かれ、艦名は大きな鯨を意味する「たいげい」と明らかになった。防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」では10年以降、中国の海洋進出を念頭に日本が保有する潜水艦を16隻から22隻に増強する目標を掲げてきた。たいげいが部隊に投入されると、22隻体制が実現することになる。

 式には、岸信夫防衛相や海自トップの山村浩海上幕僚長ら約150人が参加。岸防衛相がたいげいの名前を明らかにした。命名の後、艦上のくす玉が割られ、紙吹雪が舞うと、拍手が起きた。

 海自によると、たいげいは基準排水量3000トンで全長84メートル、全幅9・1メートル。乗員は約70人。船体は従来型より相手に探知されにくい形状に設計され、リチウムイオン電池の搭載で潜航時間を長くした。建造費は約760億円。

 海自が現在運用している潜水艦は、2750トンの「おやしお」型と2950トンの「そうりゅう」型。たいげいは、この2種類に続く新たなタイプの潜水艦となる。