2020.10.8 18:04

梅沢富美男、池袋暴走事故で無罪主張の被告に怒り「こんないい年こいて」

梅沢富美男、池袋暴走事故で無罪主張の被告に怒り「こんないい年こいて」

梅沢富美男

梅沢富美男【拡大】

 俳優、梅沢富美男(69)が8日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演。池袋で暴走事故を起こした飯塚幸三被告(89)の初公判のニュースに怒りをあらわにした。

 東京・池袋で昨年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、母子が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚被告は同日、東京地裁(下津健司裁判長)の初公判で起訴内容を否認し、無罪を主張した。被告は「心からおわび申し上げます」と謝罪した上で「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶している。車に何らかの異常が発生し、暴走した」と述べた。弁護側は被告に過失はないとした。

 番組でこのニュースを取り上げると、梅沢は「こんなこと言うのはなんですけど、裁判ですから守る人もいれば攻める人もいるんでしょう」とした上で、「無罪を主張するって。無罪って言葉をよく言えたなと。いい年して、当時87歳じゃないですか。(当初警察の調べに)アクセルとブレーキを踏み間違えた(可能性もある)って自分で言っているんですから。どんな状況になろうとも、『大変なことをした』という気持ちが少しでもないんですか。こんないい年こいて」と強く非難した。

 続けて「同じ昭和に生まれた人間として恥ずかしいと思いますよ」と声を大にし、「何人もの人を怪我させて2人も殺しているんですよ? 逆の立場で、自分のせがれもいるんでしょ? 孫もいるんじゃないですか? その人が死んだ時に向こうが無罪を主張して、自分が証言台に立って『あの人、無罪にしてやってください』なんて言いますか、コイツが」と怒りが収まらない様子。「今日俺、一日このこと言いたくってウズウズしてたんですけど。悔しくて悔しくて涙も出る」と心境を語った。