2020.10.6 05:01(1/2ページ)

藤井二冠、豊島竜王に大逆転負け 王将リーグ連敗…今期中の三冠厳しく/将棋

藤井二冠、豊島竜王に大逆転負け 王将リーグ連敗…今期中の三冠厳しく/将棋

特集:
藤井聡太二冠
豊島竜王に大逆転負けし、感想戦で対局を振り返る藤井二冠。自身初の公式戦3連敗となった=大阪市・関西将棋会館 (代表撮影)

豊島竜王に大逆転負けし、感想戦で対局を振り返る藤井二冠。自身初の公式戦3連敗となった=大阪市・関西将棋会館 (代表撮影)【拡大】

 高校生タイトルホルダー、藤井聡太二冠(18)=棋聖・王位=が、豊島将之竜王(30)=叡王=に171手で敗れた。終盤、勝利まであと一歩と追い込みながらも、大逆転負け。過去5戦5敗の天敵に6度目の正直はならなかった。公式戦3連敗は初めてで、これで同リーグの成績も0勝2敗。今期中の三冠は厳しい状況となった。

 藤井二冠がつかみかけた勝利は、あと一歩のところでスルリとこぼれ落ちた。両者1分将棋に突入した死闘は約1時間続いたが、AIの評価値はシーソーのように行ったり来たり。藤井二冠はまさかのミスを連発した。

 「やはり実力が足りないのかなと思います」。敗戦直後、藤井二冠は悔しさをかみしめた。

 豊島竜王の先手番で戦型は相掛かりに進んだ。藤井二冠は開始早々から上着を脱いで応戦。昼食休憩を終えて直後の34手目。△8六歩で攻めの拠点を作った。豊島竜王はここで76分の大長考。難解な中盤戦に突入したが、豊島竜王の誘いもかわして、ジワジワと藤井二冠のペースとなった。

 だが、AIの形勢判断が勝率99%を支持した終盤目前の辺りから、藤井二冠が悪手を連発。最後は相手の王手に、△7一玉と引かずに打った140手目の△6三銀が、敗戦を決定づける一手に。肩を落としながら、171手で投了を告げた。

【続きを読む】

  • 苦手とする豊島竜王(右)にあと一歩のところまで迫ったが…(日本将棋連盟提供)
  • 藤井二冠の2冠獲得後の成績
  • 豊島竜王と藤井二冠の対戦成績
  • 藤井二冠と豊島竜王の比較表