2020.10.1 05:03

伊勢谷被告保釈…“ユーチューバー”乱入で一時騒然 警官に「これって犯罪になりませんよね」

伊勢谷被告保釈…“ユーチューバー”乱入で一時騒然 警官に「これって犯罪になりませんよね」

保釈され、謝罪の言葉を述べる伊勢谷友介=30日午後7時31分、東京湾岸署

保釈され、謝罪の言葉を述べる伊勢谷友介=30日午後7時31分、東京湾岸署【拡大】

 大麻取締法違反(所持)の罪で起訴された俳優、伊勢谷友介被告(44)が30日、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。東京地裁がこの日、保釈を認める決定をし、同被告側は保釈保証金500万円を即日納付。約200人の報道陣が集まる中、姿を見せた伊勢谷被告は神妙な表情で「ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 伊勢谷被告は謝罪後、湾岸署の駐車場でハイヤーに乗り込もうとした際、ユーチューバーらしき男性に背後から清涼飲料水のペットボトルを突き付けられるハプニングに見舞われた。同被告は一瞬振り向くも、特に被害はなかった。その後、男性は湾岸署員に取り押さえられて連行。厳重注意された。その際、同署員に「これって犯罪になりませんよね」などと確認していたという。周囲は一時騒然となった。

  • 保釈時にはマスクを外し、髪もきっちりと整っていた
  • 報道陣の前で、約4秒間深々と謝罪した伊勢谷被告=東京・青海(撮影・荒木孝雄)
  • 保釈され、報道陣に頭を下げる伊勢谷友介=30日午後7時31分、東京湾岸署
  • 報道陣の前に姿を現し、頭を下げた伊勢谷友介=警視庁東京湾岸警察署(撮影・尾崎修二)
  • 報道陣の前で頭を下げた後、車に向かう伊勢谷友介=警視庁東京湾岸警察署(撮影・尾崎修二)