2020.9.24 18:20

剛力彩芽、初恋は8年間片思い「手とか震えて喋れなくなっちゃって」

剛力彩芽、初恋は8年間片思い「手とか震えて喋れなくなっちゃって」

剛力彩芽

剛力彩芽【拡大】

 女優、剛力彩芽(28)が23日、日本テレビ系「今夜くらべてみました」(水曜後9・0)に出演。自身の小・中学校時代の恋愛について明かした。

 この日、ゲスト出演した剛力に、MCの後藤輝基(46)は「どういう子どもだったんですか?」と質問。剛力は「小学校・中学校はすごく学校が嫌いだったので、“暗黒時代”と自分では呼んでいる」と回答し、「ただ小学校1年生から中学2年生まで、1人の男の子に片思いしていた」と告白した。

 好きだった期間は「8年間くらいずっと…」と明かし、その男子に「バレンタインも毎年あげていた」と振り返った。これを受けて後藤は「それやったらもう、どこかのタイミングで告白するとか?」と尋ねられると、「もう緊張しちゃって。すごい人見知りだったので。その人の前に立つと手とか震えて喋れなくなっちゃって。だからバレンタイン(チョコ)も、みんなと一緒に渡すのが精いっぱい」と振り返っていた。

 また番組後半でも、恋愛トークを展開。タレント、若槻千夏(36)から「女性的に好きとかいっぱい言ってほしくないですか?(好きとか)剛力さんも言わない?」という質問が飛ぶと、「どっちかというと私の方が(好きとか)言います」と答え、笑顔をみせていた。