2020.9.22 20:25

羽生九段、藤井二冠に初勝利「今までチャンスらしいチャンスなかった。良かった」/将棋

羽生九段、藤井二冠に初勝利「今までチャンスらしいチャンスなかった。良かった」/将棋

特集:
藤井聡太二冠
将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で藤井聡太二冠と対局し、熟考する羽生善治九段=22日、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)

将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で藤井聡太二冠と対局し、熟考する羽生善治九段=22日、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)【拡大】

 将棋の最年少二冠、藤井聡太王位・棋聖(18)は22日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第70期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で羽生善治九段(49)に敗れ、黒星でのスタートとなった。2020年度、藤井二冠がタイトル戦に出場する可能性が残るのは王将戦のみで、三冠目を目指す。

 羽生九段は、挑戦を決めた竜王戦とともにタイトル通算100期を狙う。リーグ戦はトップ棋士7人が総当たりで行われ、1位が渡辺明王将(36)への挑戦者となる。

 両者の対戦は4度目(未放映のテレビ対局は除く)で、藤井二冠の3勝1敗となった。

 好発進した羽生九段は「リーグは始まったばかり。これからと思っている。(藤井二冠に初勝利し)今までチャンスらしいチャンスはなかった。今回は良かった」と話した。

 リーグ戦には豊島将之二冠(30)や、永瀬拓矢王座(28)、前王位の木村一基九段(47)、前期挑戦者の広瀬章人八段(33)らが出場。藤井二冠は次に10月5日、豊島二冠と対戦する。

  • 将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で羽生善治九段と対局し、熟考する藤井聡太二冠=22日、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)
  • 将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグの初戦で羽生善治九段と対局する藤井聡太二冠(左)=22日、東京都渋谷区の将棋会館(代表撮影)