2020.9.21 14:54

坂上忍、斎藤洋介さんの“熱い”人柄明かす「ディレクターさんとバトり始めて…」

坂上忍、斎藤洋介さんの“熱い”人柄明かす「ディレクターさんとバトり始めて…」

斎藤洋介さん

斎藤洋介さん【拡大】

 俳優、坂上忍(53)が21日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。19日に死去した俳優、斎藤洋介さん(享年69)をしのんだ。

 面長で優しい笑顔の名脇役として活躍した斎藤さん。ドラマデビュー作「男たちの旅路」では車いす生活の若者を熱演。共演の古尾谷雅人さん(2003年死去、享年45)らとともに注目を集めた。1980年のTBS系「1年B組新八先生」では美術教師・田中役を好演。2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」など話題作に多数出演する一方、フジテレビ系「SMAP×SMAP」などでも活躍した。

 斎藤さんは咽頭がんを患っていたといい、所属事務所によると、7月に歯のインプラントのため検査をした際に発見し、手術で腫瘍を切除。経過は順調で、約1週間前に放射線治療を始めたばかりだったが、19日夕の食事後に体調が悪くなり、妻の付き添いのもと救急搬送された。

 関係者は「午後7時前に(訃報の)連絡を受けました」と説明。前日18日には今後の仕事の話をしたといい、急死だったようだ。

 「69歳じゃね、若すぎますよね」と坂上。何度も共演した経験があるといい「めちゃめちゃシャイな方で、自分から積極的に話すようなタイプの方じゃなかった」と斎藤さんの人柄を振り返った。

 また「一回、打ち上げかなんかで、二次会だったっけな? 斎藤さんとディレクターさんがバトり始めて。その時にたまたま近くの席にいたからちょっと聞いちゃってた」と意外なエピソードも明かし、「熱い人っていうのかな、普段は閉じ込めてるんだけど、ちゃんと相手のディレクターさんのことも思ってるから言うべき事は言う、みたいな。ああいう人が年々お一人ずつ逝ってしまうのは寂しい限りです」と惜しんだ。