2020.9.19 10:39

マツコ、自身の芸名決まった経緯明かす「消去法でデラックスが残った」

マツコ、自身の芸名決まった経緯明かす「消去法でデラックスが残った」

マツコ・デラックス

マツコ・デラックス【拡大】

 タレントのマツコ・デラックス(47)が18日、テレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」(金曜後8・0)に出演。自身の芸名の由来を明かした。

 番組では、読み方の難しいアーティスト名、曲名と間違えやすいアーティスト名などを紹介。ひとしきり盛り上がった後で、有吉がマツコの芸名について話を振った。マツコは「ひどい名前でしょう? すごい凝ってつけたってみんな思ってるんだけど」と前置きしつつ、以前から「マツコ」というニックネームで呼ばれていたものの「マツコじゃちょっとシンプルすぎるなと思って、ちょっと豪華にしようと思ってデラックスって付けただけ」と明かした。自身の芸名について「何の愛着もない。マツコは愛着あるけど」と語った。

 デラックスではなくても良かったのかと聞かれると、マツコはロワイヤル、インターナショナル、ユニバーサルが候補にあったと振り返った。「もし私がいろんなところに出られるようになったときに、ちょっと文字数が多すぎて申し訳ないな」という理由でインターナショナルとユニバーサルは避けたとし、ロワイヤルについては「そこまでの人間じゃない」と候補から外したと明かした。現在の芸名について「消去法でデラックスが残ったの。ほんとつまんない名前だからこれ、本当に」と語った。