2020.9.17 12:41

菅内閣が本格始動、首相「国民の期待応える」

菅内閣が本格始動、首相「国民の期待応える」

記者会見する加藤官房長官=17日午前、首相官邸

記者会見する加藤官房長官=17日午前、首相官邸【拡大】

 菅義偉内閣が17日、本格始動した。首相は「身の引き締まる思いだ。国民のために働く内閣をスタートさせ、しっかりとした成果を上げて国民の期待に応えたい」と官邸で記者団に述べた。首相が最優先課題として挙げた「新型コロナウイルスの収束と経済再生」に全閣僚が取り組む構えだ。各府省の副大臣・政務官人事を18日に実施し、政務の布陣を固める。

 首相は朝、官邸の敷地内を散歩した。首相主催の「桜を見る会」を巡り、来年以降、廃止するのかと記者団から問われ「予算要求はしないということだ」と説明した。廃止するかどうかには言及しなかった。加藤勝信官房長官は記者会見で「首相は少なくとも在任中はやらないと申し上げたものだと認識している」と指摘した。これまで実施予定だった桜を見る会の運営見直しを見送る意向も示した。

 安倍前内閣から同じポストで再任となった8人を除いた新旧閣僚は、順次、事務引き継ぎなどを行った。午後には臨時国会の開会式に出席する。