2020.9.17 07:30

【新首相へ菅さんのスガオ(下)】挫折乗り越え政治家に…嫌がった「菅先生」の呼び名 

【新首相へ菅さんのスガオ(下)】

挫折乗り越え政治家に…嫌がった「菅先生」の呼び名 

秋田・秋の宮中時代、菅首相(中央)は学芸会の演劇で警官を演じた(由利昌司さん提供)

秋田・秋の宮中時代、菅首相(中央)は学芸会の演劇で警官を演じた(由利昌司さん提供)【拡大】

 秋田県出身で初めて首相となった菅義偉氏。同じ雄勝町(現湯沢市)秋ノ宮地区で育ち、小・中・高校の同級生だった由利昌司さん(71)は、菅氏が1967年3月に県立湯沢高を卒業し故郷を離れた後は「音信不通だった」と話す。

 由利さんも同時期に上京したが、2年後に帰郷。その際、菅氏の父、和三郎さんから「義偉は、東京で挫折を味わったようだ」と聞いた。実家の農業を継ぐことを嫌い上京した菅氏は、都内の段ボール工場に就職。しかし短期間で辞めていた。「挫折とは、そのことだと思います。でも家出同然で飛び出し、家には帰るに帰れなかった。アルバイトをいくつも掛け持ちして生活していたようです」と明かす。

 菅氏はその後、当時私大では一番学費が安かった法大に入学し、73年に法学部政治学科を卒業。民間企業に務めたが、政治の世界を志して75年、小此木彦三郎元通産相の秘書に転身した。

 2人の親交が再開したのは、その頃だった。郷里で働いていた由利さんは84年、秋ノ宮の代表として雄勝町議選に推され、当選した。菅氏も横浜市議を経て、96年衆院選で初当選。由利さんが国会議員になった親友を「菅先生」と呼ぶと、「なんだお前、ばかにしてんのか」と嫌がった。

 由利さんは地方議員を36年間務め、2017年に引退した。昨年は秋の叙勲で旭日小綬章を受章。官房長官だった菅氏から「上京したら必ず首相官邸に寄ってくれ」と連絡があり、訪ねた。同行した妻の悦子さん(71)も菅氏とは中学時代の同級生で「官邸では『ヨシヒデ』って呼び捨てにしないように」と夫婦で話していた。だが、応接室に現れた菅氏は「なんだよエツコ、きょうはやけにおとなしいな」と笑顔を見せた。

 由利さんは高校卒業時には、自身や菅氏が政治家になるなど思いもしなかったという。「彼はいつも『秋田は大丈夫か』と気にかけている。地方の衰退を打開してほしい」と願う。菅氏は激動の日本のかじ取り役を担うが、「芯が強くてブレるタイプではない。大事なのは、何としても国を守るという思いです」。変わらぬ友を信じている。(おわり)

由利 昌司(ゆり・まさし)

 1948(昭和23)年10月28日生まれ、71歳。秋田県雄勝町(現湯沢市)出身。県立湯沢高卒業。職業訓練校講師、家業の設備工事会社勤務を経て、84年に36歳で雄勝町議初当選。同町の合併で湯沢市議となり、2017年に引退。19年、旭日小綬章を受章。

  • 昨年秋に旭日小綬章を受章した由利さん(左端)と妻の悦子さん(中)。当時官房長官だった菅首相は官邸の応接室で祝った(由利昌司さん提供)