2020.9.16 23:14

菅首相両脇は麻生氏、茂木氏 閣僚の応接室席順

菅首相両脇は麻生氏、茂木氏 閣僚の応接室席順

初閣議に臨む(左から)茂木敏充外相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相=16日午後9時44分、首相官邸

初閣議に臨む(左から)茂木敏充外相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相=16日午後9時44分、首相官邸【拡大】

 菅義偉内閣のメンバーが閣議前に集まる応接室の席順が16日、決まった。ナンバー2とされる首相の左隣は麻生太郎副総理兼財務相。ナンバー3席とされる右隣は茂木敏充外相で、安倍内閣時代から変更がなかった。

 衆参両院本会議場での閣僚席(ひな壇)は、議場から見て演壇左側が首相。ナンバー2の席とされる演壇を挟んで右側は、河野太郎行政改革担当相が座る。麻生氏はナンバー3とされる首相の左側、茂木氏が麻生氏の左側となった。