2020.9.16 20:25

柴咲コウ、水川あさみら映画監督に初挑戦 山田孝之ら発起人のプロジェクトで

柴咲コウ、水川あさみら映画監督に初挑戦 山田孝之ら発起人のプロジェクトで

「MIRRORLIAR FILMS」プロジェクト発表会見に出席した山田孝之(左)と阿部進之介=東京・丸の内

「MIRRORLIAR FILMS」プロジェクト発表会見に出席した山田孝之(左)と阿部進之介=東京・丸の内【拡大】

 俳優、山田孝之(36)と阿部進之介(38)が16日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで行われた「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」のプロジェクト発表会見に出席した。

 同プロジェクトは役者や映画監督、一般公募の36人が「変化」をテーマに5~15分の短編オムニバス映画を製作。今夏から順次劇場公開し、その後に開催する映画祭でグランプリを決める。

 この日は山田をはじめ監督を務める12人が発表され、安藤政信(45)、柴咲コウ(39)、水川あさみ(37)、志尊淳(25)、阿部が初監督を務めることが発表された。

 来年公開の「ゾッキ」に続き2作目の監督作品に臨む山田は「若い世代に『映画っていいじゃん』と思ってもらいたい」と気合十分。「他の参加監督から『孝之、出てよ』と結構言われていて、全部応えていたら山田だらけの映画祭になっちゃう」と苦笑いした。

 阿部は「若い世代に負けられないので刺激し合えたら」と笑顔。キャスティングは未定だが「自分が出演することもある」と明かした。

 柴咲は「『なんだかワクワクする』純粋なその想いだけを手掛かりに、やったことないことに挑戦してみるのも良いのかもしれない」、水川は「わたしの同級生であり、友だちであり、尊敬する役者仲間でもある山田孝之が誘ってくれるならチャレンジしてみようと、不安と期待が入り交じっております」とコメントを発表した。