2020.9.16 17:17

阿部祐二リポーターが岸部四郎さんの言葉に感謝「どんなに力になったか」

阿部祐二リポーターが岸部四郎さんの言葉に感謝「どんなに力になったか」

阿部祐二

阿部祐二【拡大】

 リポーターの阿部祐二(62)が16日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)に生出演。8月28日に拡張型心筋症による急性心不全のため71歳で亡くなっていたことがわかったタレントの岸部四郎さんとのエピソードを披露した。

 阿部は岸部さんが1984年から98年まで司会をしていた同局系情報番組「ルックルックこんにちは」でリポーターを務め、その後も現在に至るまで同局の朝の情報番組に出演している。

 阿部は俳優からリポーターに転身した当初、周囲から不向きではないかとの声が漏れていたことを明かし、「そんなときに岸部さんはですね、それが分かったんでしょうね、僕を例えば近くのステーキ店に呼んでね。『君はその特異なキャラクターがあるから、このまま頑張りなさい』と。『そのままでいいから』という言葉を僕にかけてくれて。それがどんなに僕に力になったか」と振り返り、「それがどんなに僕に力になったか。で、『あしたもやろう』と、『あさってもやろう』という気持ちにさせてくれた。だからこの僕のリポーター人生に影響を与えています」と語った。

 さらに自身と同じく大柄な岸部から「たまにはいいのを着なさい」と高級ブランドのジャケットをプレゼントされたエピソードを披露し、「(リポーター転身から)25年経つんですけれども、今やっとリポーターとして周りが見えるようになって。岸部さんの言葉がないと続けていなかったんじゃないかというふうに僕は思います」と感謝した。