2020.9.15 19:57

吉高由里子、ミステリアスな男性より「分かりやすい人のほうがいい」

吉高由里子、ミステリアスな男性より「分かりやすい人のほうがいい」

映画「きみの瞳が問いかけている」の完成報告イベントに出席した左から三木考浩監督、吉高由里子、横浜流星=東京・内幸町

映画「きみの瞳が問いかけている」の完成報告イベントに出席した左から三木考浩監督、吉高由里子、横浜流星=東京・内幸町【拡大】

 女優、吉高由里子(32)と俳優、横浜流星(23)が15日、東京都内で行われたダブル主演映画「きみの瞳が問いかけている」(三木孝浩監督、10月23日公開)の完成報告イベントに出席した。

 同作は2011年公開の人気韓国映画「ただ君だけ」が原作で、視力を失うも前向きに生きる女性(吉高)と夢を失った元キックボクサー(横浜)の純愛物語。主題歌はBTSの書き下ろし「Your eyes tell」で、10月21日開幕の第25回釜山国際映画祭に特別上映作品として出品される話題作だ。

 この日はリモートでつながったファンと交流。理想の男性について「何を考えているのか分からない人」と答えた女性に対し、吉高は「分かりやすい人のほうがいいよ」と持ち前のほんわかキャラで対応。これに横浜が「おとなしくて芯のある女性が好き」と続けると、吉高は「じゃあ、私は圏外ですね」と突っ込んで笑わせた。

 16日は横浜の24歳の誕生日。吉高はサプライズで誕生ケーキを贈る重責を担ったが、前かがみで目の前のカンペを読むなどバレバレ状態。「私、緊張すると視野が狭くなるのかなぁ」とおちゃめな笑顔に、横浜は「とてもうれしいです」と喜んでいた。