2020.9.7 05:00

宮内淳さん、直腸がんで死去 「太陽にほえろ!」ボン刑事

宮内淳さん、直腸がんで死去 「太陽にほえろ!」ボン刑事

(前列左から)ボスこと故石原裕次郎さんや勝野洋らと「太陽にほえろ!」で個性派刑事を演じた宮内さん(中列左)

(前列左から)ボスこと故石原裕次郎さんや勝野洋らと「太陽にほえろ!」で個性派刑事を演じた宮内さん(中列左)【拡大】

 昭和の人気刑事ドラマ「太陽にほえろ!」の“ボン刑事”で知られる俳優、宮内淳さんが、先月14日に直腸がんのため亡くなったことが6日、分かった。70歳だった。この日、宮内さんが代表理事を務める公益財団法人地球友の会が発表した。

 同法人の公式サイトは「直腸がんとの診断を受け入院加療しておりましたが、去る8月14日、70歳をもって家族に見守られ永眠いたしました」と報告。葬儀は「静かに送ってほしい」と故人の強い希望により、近親者のみで同17日に執り行われたという。

 宮内さんは、1975~79年まで日本テレビ系「太陽にほえろ!」で演じたボンこと大阪生まれのボンボン刑事役で大ブレーク。79~80年の同局系青春学園ドラマ「あさひが丘の大統領」では“はみ出し教師”を熱演した。共演者とのロマンス説が流れるなど「女の子には不自由しない」と語っていた人気絶頂の時期に突然、3カ月休業して米国でヨットや銃のライセンスを取るなど自由奔放な性格だった。

 82年に「影絵劇団かしの樹」を設立すると、89年からNHK「おとぎのへや」「おはなしのくに」で影絵劇の上演など児童演劇活動を展開。2002年に同法人の前身、「世界環境写真展実行委員会」を設立し、俳優業以外での活動が顕著になった。

 公式サイトでは「日頃から『死は、この世での役目を終えて卒業し次のステージに行けるということ。どうか悲しまないでほしい』と語っておりました」と故人の思いを説明していた。

 「太陽にほえろ!」や「リポビタンD」のCMで共演した俳優、勝野洋(71)「一緒に青春時代を駆け抜けてきた仲です。安らかにお眠りください」

宮内 淳(みやうち・じゅん)

 1950(昭和25年)年5月28日生まれ。愛媛県出身。西南学院大中退後、74年に文学座演劇研究所を卒業し、75年に「太陽にほえろ!」で俳優デビュー。79年の映画「悪魔が来りて笛を吹く」や77~80年の大正製薬「リポビタンD」のCMも話題になった。182センチ。

  • 宮内淳さん(1978年撮影)