2020.9.5 05:03(1/2ページ)

「三浦春馬さん基金」立ち上げ 所属事務所が慈善活動の思い受け継ぐ、お別れの会は年内予定

「三浦春馬さん基金」立ち上げ 所属事務所が慈善活動の思い受け継ぐ、お別れの会は年内予定

生前、人々の幸せを願い、慈善活動を精力的に行った三浦さん。その遺志は「三浦春馬基金」として受け継がれる

生前、人々の幸せを願い、慈善活動を精力的に行った三浦さん。その遺志は「三浦春馬基金」として受け継がれる【拡大】

 7月18日に急死した俳優、三浦春馬さん(享年30)の所属事務所、アミューズが4日、公式サイトを更新し、困難に立ち向かう人々を支援する「三浦春馬基金」(仮称)を年内に設立することなどを発表した。慈善活動に精力的だった故人の遺志をくみ、三浦さんに関する同社の全ての利益を寄付する。また、この日に四十九日の節目を迎えたことを受け、検視の結果が自殺だったことなど死去に関する事実関係も公表。年内に「お別れの会」を予定していることも明かした。

 三浦さんの思いが、基金という形で受け継がれる。

 生前、ライフワークとしてエイズ啓発運動「Act Against AIDS(現ACT AGAINST ANYTHING)」に参加し、若手の中でもとくに積極的に支援を募っていた三浦さん。人々の幸せを願った、その遺志を継ぎ、「三浦春馬基金(仮称)」を年内に設立することが決まった。

 同運動の一環で三浦さんが訪問したラオスのラオ・フレンズ小児病院をはじめ、困難に立ち向かう人々への寄付や支援が目的。三浦さんに関するアミューズの全ての利益が使われる。

【続きを読む】